「この人を応援したい。」「この人はこれからの教育に必要な人だ。」そう思いました。
今年はホームカミングデイに参画し、一般社団法人アルバ・エデュ代表、竹内明日香さん(1996年法卒)をお招きして講演会を行います。竹内さんは、次世代を担う子どもたち・若者たちが、「話すちから」を携え、世界で活躍する人材となることを願って活動しており、まさに体を張って日本全国を飛び回っています。 ぜひこの機会に懐かしのキャンパスを訪問し、プレゼン教育について考えたり、旧友との再会を楽しんだり、同窓生との友好を深めてみてはいかがでしょうか。

■第18回東京大学ホームカミングデイ さつき会講演会
演題「日本の子どもに話すちからを。」
講師:一般社団法人アルバ・エデュ代表 竹内明日香氏

◆日時:日時:2019年10月19日(土) 13:30~15:00 開場 13:00

◆場所:東京大学本郷キャンパス 法文1号館3F315室
(正門から入って安田講堂手前左手の建物)https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html

※入場無料
※どなたでも参加できます

開場 13:00
講演会 13:30~14:30
意見交換会 14:30~15:00

講師紹介

竹内明日香さん

竹内明日香氏

:東京大学法学部卒業(1996年)。日本興業銀行(現みずほ銀行)にて国際営業や審査等に従事後、2007年に独立し海外向けに日系企業の情報提供を開始。2009年に(株)アルバ・パートナーズを設立、国内企業の海外事業や情報発信(企業プレゼン等)の支援を提供して今日に至る。2014年、子どもたち・若者たちの「話すちから」の向上を目指す(社)アルバ・エデュを設立。法人向けに培ったメソッドを応用し、ワークショップや出前授業、セミナーなどを展開。都市文化振興財団理事。日本商工倶楽部事業委員。文京区公立小元PTA会長。音羽の森オーケストラ「ポコアポコ」主宰。日本証券アナリスト協会検定会員。小学校低学年までニュージーランド在住。二男一女の母。http://www.alba-edu.org/

・活動実績
2017年度以降、東京都教育庁より、都立中高向けプレゼン授業を受託
2018年度以降、東京都小中向け、オリンピック・パラリンピック教育授業受託
2018年度以降 文京区の重点施策入り(区内小中向けプレゼン授業、2019年度より幼稚園開始)
2019年度 文京区のプレゼンカリキュラム策定受託
経済産業省「第6回キャリア教育アワード」優秀賞受賞。
日本財団「ソーシャルイノベーター2018」に選出される。

・竹内さんからのメッセージ
日本企業の情報発信をサポートする中で、優れた商品やサービスの良さが伝わっていない事例に多々出会いました。「話すちから」の弱さは文化的な背景もありますが、訓練さえすればこのちからは高めることができると確信しております。次世代を担う子どもたち・若者たちが、「話すちから」を携え、世界で活躍する人材となることを願って活動しております。

■ホームカミングデイとは?:
毎年10月第三土曜日に開催している、東京大学の祭典です。2002年に記念すべき第一回を開催し、その後2004年の大学法人化を機に大学主催となりました。例年、各部局、研究所を始め、地域、学部・学科、海外などの東大校友会登録団体と協力、連携を図っていますが、本年開催する「第18回東京大学ホームカミングデイ」はさらなる拡大を目指します。卒業生の皆様に親睦を深めていただく場であるのに加え、「東大が社会とどう付き合っていくか」を題材に、多くの方が「参加」、「存分に楽しめる」、「共感できる」意義深いプログラムを増やすため企画しています。
(昨年のHCDの様子はこちらから)
https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/hcd/index.html